2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジション探求

こんばんは。

KINGSスタッフのブログにはポジションという言葉がよく出てくる

それほど大事なもので最後にはそれがすべてだとも思える

ポジションがよくなると

すべてがよくなる

ポジッションが上手くとれないと必ず限界が来ると思う

例えば

そのポジッションによる回転数があると思う

180までしか出来ないポジション

540までのポジション

1080が出来るポジション

という具合に

いくらトリックを練習してもそのベースが無くては

次にいけないということ

トリックの礎ですね。

スポンサーサイト

180と360

こんにちは。

今回は180と360の違いについて書きたいとお思います。

全てのジャンプは基本的にはストレートジャンプと同じ放物線をえがきます

ストレートの放物線で回転をしていく

これは変わりません

回転数によって軸を変えることは

これから回転数をあげていきたい場合には特にです

軸によって立ちやすくなることはありますが

その軸に頼ってしまう場合がおおく

次の回転にいくことの妨げになったりします。

回転は肩を回し

腹が捻れ

腰が連動して回り

板が回ります

回転数の違いは

肩を回すことで生まれる

捻りの違いと言えると思います

では捻りの何をかえていくのか?

捻りの強さ

捻りの量

捻りのスピード

滞空時間によって違いますが

まずは捻りの量

どの位捻るのかで考える事が

一番分かりやすいと思います

例えば

180を狙っているのに

エアーのピークまでに肩を180回してしまったら

更に惰性で肩が回るので足も肩について回ってしまう

結果オーバーしてしまうなどです

スピンにはそのスピンにあった捻りの量があるということです

捻りの量をコントロールできることが

スピンのコントロールに繋がります

捻りの量をコントロールするのには

視線をコントロールするのがポイントです。

スピンにはまず捻れること

トランポリンなどで捻る練習をしたりするのも

スピンや回転数コントロールへの近道だと思いますよ。

変化

こんにちは。

いきなりですが

人が生きるということは常に変化していく

ということだと思います。

体にしても常に変化していきます

良くなったり悪くなったり

どちらも変化ですね

そして無変化ってありえないことです

そう分かっていても

人は変化を嫌い無変化を求める所があります

ありえないことを求めるのは無理があります

ジャンプについても同じことが言えます

出来た!と思ってそれをキープしようとする

でもそれは決して出来ない

常に変化していますから

つまり、常に変化しなければならないし

変化してしまうなら

悪い方向でなく良い方向に変化させる努力が大切だと思います

神戸KINGSでは施設(屋根ついたり初心者レーンに斜度ついたり)も

トリックの理論(新しい回転方法)も技術も

常に変化していますよ。

テイクバック 2 

こんにちは。

テイクバック2ということで前回の続きです。

テイクバックは本当に必要なのか?

必要な理由は?

必要だとしたらどれくらい?

とるタイミングは?

という疑問でしたが僕自身の結論は。。。


テイクバックは基本的には必要ない

いらない理由は

スピンは勢いではなく捻りだから

大きすぎるテイクバックは捻れる前に抜けてしまう可能性がある(スピンが安定しない)

テイクバックは先行動作ではなくタイミングを取るために行う

つまりゼロの基本姿勢から動の捻りに繋げる難しさがある為です

捻りの動きをスムーズにする為にテイクバックとる

が答えになりました

大げさに上半身でテイクバックをとるのでなく

より小さな動きでタイミングを取ることが、ぶれずに確実に捻りを伝える方法だと思います。

テイクバック1

こんにちは。

一週間前くらいからKINGSにコウタロウとマナブがきて猛練習をしています。

そんな中、最近コウタロウとスピンの先行動作のテイクバックについて考えています。。、。

議題はテイクバックは本当に必要なのか?

必要な理由は?

必要だとしたらどれくらい?

とるタイミングは?

です?

有名なライダーの映像を見たり

自分自身で試したりしています。

参考ライダーはミッケルバング、トースタインホグモをメインに見ています

ミッケルはテイクバックを大きくとります。



トースタインはほぼとらないように見えます。




違うやり方をしているように見える二人ですが共通力の働きがあることも分かります。

この共通の部分が本当に大事な所になると思います。

僕の実験結果と考察についてはまた次回かきます。

今年の目標

こんにちは。

またこのOFFシーズン?が始まりましたね!

KINGSで練習し山に持っていき

うまく出来たところ

うまくリンクできなかったところ

あったと思います。。。

そこの上手くいかなかった部分、足りていなかった部分を

またこのOFFになおしていきたい

と自身も感じたので課題を書いてみたいと思います。。。

コントロール。

この一言に尽きます

去年は回転をスムーズにより高回転を楽にと考えてきました

実際かなり回転に関する理解は深ました。

KINGSは山に比べると環境の変化が少ない

つまりいつも同じ練習ができる

これはすごく練習になる

しかし同じ環境に慣れすぎてしまう

滞空時間などが体に染み付くために

なんとなくで出来てしまう技がある

それを出来ると勘違いしてしまう

KINGS専用みたいな技になってしまう

やはりこういった技は山で上手く出来ません

するのも怖かったり。。。

やはりコントロールできていなかったということでしょう。


ということで今年はコントロールをいかにするかということをメインに考えて行こうと
思います。

2年目

こんにちは!

またこの神戸KINGSに帰ってきました。

今年も考えながらまた自他の技術の向上の役に立てるよう

BLOGを書いて行きたいと思います、よろしくお願いします!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

shodog

Author:shodog
スポンサー

 O'NEILL

 アクロス松本店

神戸KINGS

信州中村農園

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (94)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。